洋ナシ体型とは

洋ナシ体型とは

体型の特徴を例えて分類することがありますね。よく「洋ナシ体型」などと表現されることもありますが、これはどんな体型を指すのでしょうか?

 

おしり、ふとももといった下半身にお肉がつきやすい人です。そして丸みをおびている。日本人には多い体型で255の割合友いわれています。脂肪の多い食べ物が好きという傾向がみられます。罷免遺伝子を持たない人と比較すると基礎代謝が悪く、100kcalくらい少ないので太りやすいのです。

 

女性ホルモンの影響をうけやすいので特に30代以降エストロゲンの分泌が下がってくると脂肪がたまりやすくなるということです。では、それを改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

洋なし体型を改善するためにできること

減量はできたとしても体型は変えられない、仕方がない。そんな風に思っていませんか?そんなことはありません。洋なし体型をすすめない、目立たなくするようにできる工夫はたくさんありますので参考にしてダイエットしてみてください。

 

食事の際に食べる順番を考える

洋ナシ体型の人の傾向として糖質が大好きということがあります。炭水化物を先に食べるのは得策ではありません。体質的に糖質の代謝が苦手なので、先に食べないことです。野菜、海藻、マメ、スープなどを先に食べます。次に炭水化物をどうぞ。最後に肉や魚などのタンパク質を食べます。

 

運動を取り入れる

運動をしないと血流、リンパの流れが悪くなります。適度な運動で身体をあたためましょう。代謝もよくなります。

 

下半身、太ももやおしりはセルライトがつきやすいので冷えには十分注意を。着るものの工夫はもちろんお風呂にゆったり浸かる、身体を温める根菜やしょうがなどを食べるなどしてみましょう。

 

具体的な運動、注意点は?

運動と言っても筋トレから有酸素運動まで色々あります。洋ナシ体型の人におすすめなのが下半身の筋トレと有酸素運動ができる「スクワット」です。

 

これを取り入れましょう。またセルライトがつきやすい太ももやおしりはマッサージをしてほぐしておきます。お風呂あがりにするなど習慣化してしまうと忘れずにできますし一手間を忘れずに

 

 

>>ライザップ 仙台 TOP