太りにくい身体とは?

よく太りやすい身体とか太りにくい身体とかいう言葉を聞きませんか?実際にはどういうことを指すのでしょうか。太りにくい身体作りをすすことがダイエットの早道のような気がしますよね。

 

人間はただ座っているだけでも呼吸し、内臓は動いています。何もしなくても人間はエネルギーが必要で常に消費しています。これを基礎代謝と呼びます。

 

成人女性で基礎代謝は1200kcal

 

男性ですと1500kcal

 

と言われています。

よく基礎代謝が上がれば痩せる。そのためには筋肉をつけるのが良いと言われています

基礎代謝とは

 

運動しなくてもどんどん減っていくエネルギーなので、ここをあげることは楽なダイエット方法のように感じますね。しかし調べた結果、筋肉が1キロ増えたところで基礎代謝はそう格段にはあがらないということがわかっているそうです。

 

せいぜい13kcalですから苦労して筋トレした割には…みたいな感じですよね、これでは。実際にテストした結果、筋肉量を1.3キロ増やしても1日の消費カロリーに差はないというデータもあるので本当だと思います。じゃあ筋トレは意味がないのか?というと実はそうでもありません。

 

筋肉量とダイエットの関係

筋肉量が増えるメリットとは何なのでしょうか。実は筋肉量を増やすことが大事なのではなく、筋トレしている時に分泌される成長ホルモンが大事なのです。そのホルモンが体脂肪を燃やすという働きをするのです。しかもその効果は筋トレをしてから二日間有効。

 

ですのでそのサイクルを見極めて筋トレや食事のことをコントロールすると良いのですよ!1番だめなやり方は筋トレをしたからと言って安心して数日サボるというやり方

 

体脂肪のつきやすい人

残念ながら元々の体質で体脂肪のつきやすい人というのも存在します。それは若い時と中年の時で変わるか?というと、年齢などで大きく変わることはありません。

 

しかし、そういう人も諦める必要がなく、脂肪がつきやすくても筋肉もつきやすいというタイプの人もいます。筋肉もつきにくいというタイプの人は1日の摂取カロリーの量が少なくなり過ぎないことなどを気をつけながらダイエットをしましょう。

 

 

>>ライザップ 仙台 TOP